マルトが職域接種開始 新型コロナウイルス

 福島県いわき市や茨城県でスーパーマーケットなどを展開するマルト(本社・いわき市)は4日、同市のマルト本部大会議室で新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始した。

 店舗を訪れる市民らに安心して買い物を楽しんでもらうため、従業員の接種機会を増やそうと実施を決めた。対象は市内に勤務するグループ企業の従業員(18歳以上65歳未満)のうち希望した1600人。複数回に分けて接種を行い、8月下旬には2回目を終える見込み。

 4日は希望者360人が1回目の接種を受けた。同社の産業医に加え、くすりのマルトの薬剤師らも運営に協力した。

関連記事

ページ上部へ戻る