夜空彩る大輪の花 Jヴィレッジで震災10年イベント

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)による花火イベント「FUKUSHIMA Fire works」は二十日、Jヴィレッジ(楢葉・広野町)で開かれた。

 東日本大震災から十年を前に被災地に元気を届けるとともに、新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてキャンプ用のテントを活用し密を避けながら花火を楽しめるイベントとして企画した。

 Jヴィレッジのグラウンド上に約五分間にわたり約百五十発の花火が打ち上げられた。地域住民ら約二百人が、グラウンド脇に設置されたテントや、Jヴィレッジの建物内から夜空を彩る美しい花火を楽しんでいた。

関連記事

ページ上部へ戻る