太陽の恵み収穫本格化 楢葉のトマト栽培施設

【福島民報ニュース】

楢葉町上繁岡にあるトマト栽培施設では、東京電力福島第一原発事故から9年半ぶりとなるトマトの収穫が本格化している。

改修したハウス内で真っ赤に色づいたトマトを収穫する社員。
原発事故以来9年半ぶりに収穫が行われている

 双葉郡最大規模となる約1.1ヘクタールのハウス内に約23000本のトマトが植えられている。原発事故前に栽培を行っていた農業生産法人から譲渡を受けた町が施設を改修。新たに設立されたナラハプラントファクトリーが栽培を担っている。

 5月に大玉の「りんか」と中玉の「フルティカ」の苗を植え、7月下旬ごろから実をつけ始めた。8月に入り収穫が本格化し、1日1トン余りを県内各地に出荷している。年間約300トンの収穫を見込んでいる。

続きを読む

【関連ニュース】

旬のトマトご賞味あれ 田村市内8店、28日からフェア
トマトの洋菓子8月1日発売 ワンダーファーム(いわき)と連携
向山製作所とワンダーファーム コラボのお菓子発売

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る