公用車にFCVミライを導入 福島県と浪江町

 県と浪江町は一日、トヨタ自動車の水素で走る燃料電池車(FCV)の新型MIRAI(ミライ)を公用車として一台ずつ導入した。県庁で合同納車式が行われた。 

 納車式で披露された二台には、浪江町の水素製造実証拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」でつくられた水素が、県内のFCVで初めて充填(じゅうてん)された。 

 内堀雅雄知事は「未来のために、福島の地から水素技術を伸ばしていく」と述べた。浪江町の吉田数博町長は「水素社会実現のためにチャレンジを続けたい」と語った。 

 FCVは水素と酸素の化学反応による発電でモーターを回して走り、二酸化炭素(CO2)を排出しない。

関連記事

ページ上部へ戻る