交通安全取り組み強化 福島で「春の運動」出動式

 春の全国交通安全運動は六日、始まった。県内の警察署や交通団体が十五日までの十日間、子どもや高齢者ら歩行者の安全確保、安全運転意識の向上に向けた取り組みを強化する。

 県警、県などは六日、福島市のJR福島駅東口駅前広場で出動式と街頭啓発を行った。約四十人が出席した。内堀雅雄知事が「譲り合う優しさを持つことで、事故はもっと減らせる」とあいさつした。和田薫県警本部長と木幡浩市長が協力を呼び掛けた。

 白バイが交通取り締まりに向かった。出席者が駅利用者らに啓発グッズを配布した。

 県警交通企画課によると、今年の県内の交通事故による死者は五日現在十二人。昨年より二人減っている。このうち約七割が高齢者となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る