野球の魅力をプロOBが伝授 福島で教室や親善試合 石毛さんらプレー

 「プロ野球OBフェスタin福島」は十三日、福島市の信夫ケ丘球場などで開かれ、元プロ野球選手による野球教室や親善試合で野球の魅力を発信した。

 日本プロ野球OBクラブの主催。福島市の県営あづま球場が東京五輪の野球・ソフトボール競技の会場になっているのに合わせて企画した。

 野球教室には県内の小学生六十五人が参加した。OB十六人が肘や肩を痛めない投げ方などを指導した。福島市の野球チームに所属する渡辺昇太君(11)は「教わったことを生かしたい」と目を輝かせた。元巨人の鈴木尚広さん(相馬市出身)は「信夫ケ丘球場に来たのは二十五年ぶり。参加できうれしい」と振り返った。

 社会人軟式野球選抜チームとの親善試合では、元西武の石毛宏典さんらが全力プレーで観客を沸かせた。

関連記事

ページ上部へ戻る