福島県三春町在住の橋本勝也が東京パラリンピックの日本代表内定

 日本車いすラグビー連盟は21日、東京パラリンピックの日本代表内定12選手を発表し、福島県三春町在住の橋本勝也(19)=三春町役場、田村高出身=が選ばれた。2000(平成12)年のシドニー大会から採用された同競技で本県出身選手の代表入りは初めて。

 橋本は同町出身。生まれつき両手足に欠損がある。三春中2年の春に車いすラグビーと出会い、3年時に東北地方を拠点とするクラブチーム「東北ストーマーズ」に加入した。日本選手権などに出場し、2018年に日本代表初招集。日本が金メダルを獲得した同年8月の世界選手権でもメンバー入りした。

 県勢では橋本の他、陸上女子400メートル(視覚障害T13)の佐々木真菜(23)=東邦銀行、福島市出身=、柔道女子(視覚障害)48キロ級の半谷静香(32)=トヨタループス、いわき市出身=、車いすバスケットボールの豊島英(あきら)(32)=WOWOW、いわき市出身=がパラ日本代表に内定している。

関連記事

ページ上部へ戻る