25日に開館3周年感謝祭「あぜりあ市」 福島県葛尾村の復興交流館あぜりあ

 葛尾村復興交流館あぜりあの開館3周年感謝祭「あぜりあ市」は25日、村内落合の同施設で開かれる。羊肉や野菜など豊かな自然で育まれた食や、動物との触れ合い体験などを通し、村の魅力を味わえる多彩な企画が繰り広げられる。

 感謝祭は午前10時から午後4時まで。先着300人に村の特産品をプレゼントする。村産羊肉「メルティーシープ」のジンギスカン、ヒツジやヤギとの触れ合い体験、無農薬野菜、手作り豆腐、エコクラフト作品などのブースが並ぶ。

 葛尾むらづくり公社の主催、葛尾創生電力の後援、ふたばエイト(ふたば郡まちづくり協議会)の協力。あぜりあは2018(平成30)年6月16日に開館し、村民の交流の場としてさまざまな場面で活用され、復興のシンボルとなっている。六月に感謝祭を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。

 問い合わせは、葛尾むらづくり公社へ。

関連記事

ページ上部へ戻る