福島県いわき市を舞台に鬼退治映画「ザ・ショーゴマン~炎の友情~」 来年公開予定 復興やコロナ禍での元気を発信

 福島県いわき市を舞台にした長編映画「ザ・ショーゴマン~炎の友情~」の製作が決定した。製作するNPO法人劇団スターキャストの天美幸理事長(市内勿来町出身)が監督を務める。

 ザ・ショーゴマンは神主の息子の主人公がいわきにはびこる鬼(ゾンビ化した悪党)たちを仲間とともに退治していく痛快エンターテインメント。アリオスや国魂神社、旧市小名浜市民プール、南部清掃センターなど市内各地で撮影する。平や内郷、勿来などの地名が登場人物の名前として使われる。

 映画には東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から10年の節目に、福島県の復興や魅力を発信するとともに、新型コロナウイルスの感染拡大でふさぎがちな世の中を明るくしようというメッセージが込められている。原発事故による被災地の風景なども作品に盛り込む予定。

 撮影が順調に進めば来年初めの公開を予定している。天美監督は「海外の映画祭などにも出展し福島の魅力を世界に発信したい。コロナ禍でも笑顔や元気を届けることができれば」と意気込んでいる。

関連記事

ページ上部へ戻る