福島県で57人感染 新型コロナ 31日発表分

 福島県は県内で57人の新型コロナウイルス感染が確認されたと31日、発表した。57人の陽性は30日までに判明した。県内の感染者は累計8708人となった。

 30日時点の入院者は344人で、県の確保病床637床の使用率は54・0%(前日比1・1ポイント減)。重症者は13人となっている。

 県は県内で2件の新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生したと31日、発表した。1件は県北地方の製造業関連の事業所=県内145例目=で発生し、従業員5人の陽性が判明した。もう1件は会津若松市内の事業所=同146例目=で発生し、従業員5人の陽性が判明した。

 この他、いわき市の事業所宿舎=県内134例目=、会津坂下町の事業所社員寮=同136例目=、猪苗代町の事業所=同137例目=、県県南保健所管内の事業所=同138例目=の各クラスターがそれぞれ拡大した。

 県発表の57人の内訳は次の通り。

 ▼いわき市・19人▼会津若松市・6人▼福島市・5人▼白河市・4人▼伊達市・3人▼郡山市・2人▼本宮市・2人▼川俣町・2人▼飯舘村・2人▼須賀川市・1人▼相馬市・1人▼二本松市・1人▼鏡石町・1人▼磐梯町・1人▼猪苗代町・1人▼会津坂下町・1人▼塙町・1人▼県外4人

関連記事

ページ上部へ戻る