SOMA音フェス10月31日開催 27日まで出演団体募集 福島・相馬

 「SOMA音フェス2021」は10月31日午前9時半から、福島県相馬市民会館大ホールで催される。相馬商工会議所SOMA音フェス実行委員会の主催で、27日まで出演団体を募っている。

 音フェスは、音楽で相馬の市街地を盛り上げようと2018(平成30)年に初開催した。しかし、2019年は台風と大雨の影響で、昨年も新型コロナウイルス感染拡大により2年続けて中止を余儀なくされた。

 長期化するコロナ禍の影響は続くが、実行委は「落ち込みがちな人々の心を、音楽で少しでも活気づけられれば」と、感染防止に関する県などのガイドラインを基に十分な対策を取って開催すること決めた。

 募集する出演者は10団体程度。参加無料で音楽ジャンルの制限はなく、1団体あたり演奏時間20分とセッティング時間10分が与えられる。感染予防のためメンバー全員が県内在住の団体・個人に限り、全出演者(ボーカル、ダンスなど含む)のマスク着用と、2メートル四方以上の距離を確保して演奏してもらう。

 市内で今後感染が広がるなどした場合、状況に応じて中止することもある。

関連記事

ページ上部へ戻る