福島・大熊町の成人式は10月16日 町内開催は震災後初 新設の交流施設リンクる大熊で

 福島県大熊町の2021(令和3)年成人式は10月16日午後2時から、大熊町大川原地区に整備された交流施設「linkる大熊」(リンクる大熊)で行われる。町内で成人式が行われるのは10年ぶりで、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて。

 対象者は2000(平成12)年4月2日から2001年4月1日までに生まれた134人で、このうち52人が出席を予定している。当初は1月10日にいわき市で予定しが、新型コロナウイルスの感染拡大により5月3日に延期し、さらに再延期となっていた。

 町内に整備してきた交流施設「linkる大熊」が完成し、10月16日に開所式典を行う。これを受け、町は成人式を行うことを決めた。

 同施設は町内大川原地区の町役場東側に位置する。約400人を収容できる多目的ホールや運動スタジオ、音楽スタジオ、研修室、キッズ・図書コーナーを備えている。

関連記事

ページ上部へ戻る