福島県が大熊、双葉両町の技術職職員募集 30日に合同説明会

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した福島県の大熊、双葉両町で不足する技術職職員について、県は来春採用予定の職員を8日から11月5日まで募集する。30日午後1時30分から、オンラインの合同説明会を開く。

 大熊町は土木、農業土木、建築の一般職員をそれぞれ若干名募る。双葉町は土木、農業土木、保健師、学芸員の一般職員と、土木、農業土木、保健師の任期付職員をそれぞれ若干名募集する。

 合同説明会では両町の担当者が業務内容や採用試験を説明する。参加希望者は27日までに申し込む。問い合わせは県市町村行政課へ。

]]>

関連記事

ページ上部へ戻る