生命育むゆりかご 川内の平伏沼、モリアオガエル産卵期

【福島民報ニュース】

モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物に指定されている川内村の平伏(へぶす)沼で、モリアオガエルが産卵期を迎えている。

平伏沼にできた卵塊とモリアオガエル

 静かな山あいにはカエルの鳴き声が響く。水面に張り出したミズナラなどの木の枝には、泡状の直径10~20センチほどの白い卵塊がたくさんあり、約2週間でオタマジャクシとなって沼に落ちる。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る