見学会で最後の別れ 2021年度解体の浪江5小中学校

【福島民報ニュース】

2021(令和3)年度に解体される浪江町の浪江、幾世橋、大堀、苅野の各小と浪江中の最後の見学会が23日始まり、東京電力福島第一原発事故で全町避難を強いられた当時の児童生徒が学びやに別れを告げた。「ありがとう、忘れない」。学校の思い出と、発生から10年目を迎えた原発事故を風化させないとあらためて誓った。

浪江中1年1組の教室で、自分の席に腰掛ける伊藤さん。壁にはプリント類などが震災当時のまま残る

 原発事故当時、浪江中1年1組だった会社員伊藤舞さん(22)=東京都在住=は自分の教室を見渡し、懐かしさで胸がいっぱいになった。「大切な場所。ここで過ごした日々が一番楽しかった」

 クラスには幼稚園からの幼なじみが多く、みんな笑顔が絶えなかった。2011年3月11日は卒業式。「当日、教室の黒板に書かれた目標は『卒業式をマジメに行おう』。本当に騒がしかった」と笑う。
続きを読む

【関連ニュース】

浪江町:解体前に思い出の学び舎を見学しませんか?
富岡町が解体前の富岡第一小学校の動画を公開
富岡第二小学校の映像を公開 黒板に書かれた「またいつか、この教室で会いましょう!!まさみ先生より」というメッセージも

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る