24日、実証開始 いわき駅周辺運行 低速電気自動車

【福島民報ニュース】

次世代交通システムの導入に向け、いわき市と民間団体、企業が実証事業に取り組む低速電気自動車(グリーンスローモビリティ)の出発式は23日、市内のJRいわき駅南口駅前広場で行われた。市街地や観光地への回遊性向上を目指し、24日から9月13日まで駅周辺の約2キロ圏内を無料で運行する。

24日から無料運行される低速電気自動車「トイボ」

 いわき市とたいらまちづくり、報徳バス、ソフトバンクが、環境省の「IoT(モノのインターネット)技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の採択を受け実施する。事業は小名浜地区に続き2カ所目。
続きを読む

【関連ニュース】

【いわき市】次世代交通システムの実証実験が7月24日からスタート

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る