処理水市町村議会アンケート 水産業など影響懸念 国民理解の重要性も主張

【福島民報ニュース】

東京電力福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水を巡り、県内17市町村が可決した意見書や決議では、海洋放出などで処分されれば県内の農林水産業に深刻な影響を与え、新たな風評が生じる懸念があるなどと指摘した。

 浪江町議会が処理水について県内で初めて可決した決議では、海洋放出に反対する理由として「地域住民の感情を無視したものであり、被災者にさらなる苦痛を強いる」と強調した。6月に可決した意見書で「海洋放出への安全性に関し国の説明を理解している人は少ない」とし、風評対策の強化を求めた。

 新地町など沿岸部を中心とした議会の意見書では、海洋放出は本格的な操業再開に向けた「漁業者らに大きな打撃を与える」とし、水産業などへの影響に懸念を示した。その上で、政府による適切な風評対策を要請している。
続きを読む

【関連ニュース】

政府の対応「不十分」 17市町村議会、意見書可決 処理水

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る