着物まとったかかし見て ふれあいババの会 いわき

【福島民報ニュース】

いわき市好間町で地域振興に取り組む女性でつくる「ふれあいババの会」が制作したかかしの展示は24日、同市北好間の49号国道沿いのガレージなどで始まった。

 地域のにぎわいを創出しようと3回目の展示となる。会員ら約10人が力を合わせ、約2カ月で114体を完成させた。色鮮やかな着物と帯をまとったかかしが、それぞれ個性豊かな表情を見せている。
(続きを読む)

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る