ふたば未来高生販売支援 いわきの店舗で27、28日

【福島民報ニュース】

広野町のふたば未来学園高の生徒は25日、いわき市のJRいわき駅ビル内にある菓匠庵で販売店応援「ニコニコセール」を繰り広げた。27日、28日の両日も催す。

 新型コロナウイルスの影響で販売機会が減り、店舗への客足も伸び悩んでいるため、賞味期限が近い商品を半額で販売し、店舗支援や食品ロス低減につなげようと企画した。

ニコニコセールで商品を販売する(左奥から)金成さん、新妻さん

 参加しているのは、未来創造探究の授業の一環で双葉郡の農産物を使った商品開発などを展開しているアグリ・ビジネス探究ゼミの四期生。同店では開発協力や商品の委託販売を行ってきた。

(続きを読む)

【関連ニュース】

手製の調味料を贈り復興後押し ふたば未来高生が東電に
さくらタピオカ始めました ふたば未来高生が考案、富岡の桜イメージ
JR東日本。いわき駅南口にホテルと商業施設を開発
いわき駅西側再開発の計画を変更。高層ビル2棟から1棟へ

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る