福島県、事業者支援の対象拡大 売り上げ20~50%未満減

【福島民報ニュース】

福島県は新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減少した県内の事業者に対する財政支援の対象を拡大する。新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言を受けた県の休業要請の対象外で、売り上げが前年同期比20%以上50%未満減少したケースに交付金として一律十万円を支給する。新たな対象は約1万2000事業者と見込んでいる。感染拡大防止対策の実施を交付要件とし、感染を抑止しながら地域経済の再生を後押しする。

 内堀雅雄知事が27日、関連事業費13億6722万円を含む2020(令和二)年度一般会計補正予算を専決処分したと発表した。

 交付金の支給対象は県内に事業所がある中小企業や小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者などで、業種は理美容業やイベント企画会社、運送業、製造業、生活必需品を扱うガソリンスタンドやスーパーなどが該当する。県の休業要請に伴う協力金と支援金、50%以上の売り上げ減による給付金を受けていないことを条件とする。事業継続の意思があり、感染対策に取り組む必要がある。

続きを読む

【関連ニュース】

大桑原つつじ園 次期26代目当主 渡邉優翔がクラウドファンディングで300万円を募る
いわき市:空き店舗活用事業者に工事費最大150万円、家賃最大30万円を補助
福島県産品をあっせん販売 県が企画 県職員や県議ら対象に
あんしんコロナお知らせシステム 飲食店利用者に提供開始 いわき市

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る