アワビの稚貝6万個放流 いわきなど福島県沖

【福島民報ニュース】

福島県沖でのアワビ稚貝の放流が27日、始まった。28日までにいわき市、相馬市、新地町の沿岸海域で計6万個の稚貝が放流される。

県栽培漁業協会職員(右)から漁業者に引き渡されるアワビの稚貝=いわき市小名浜・下神白採鮑組合前駐車場

 アワビ稚貝の育成・放流は、県栽培漁業協会が県の委託を受けて2013(平成二25)年から続けている。

今回放流した稚貝は、岩手県の施設で育てられ、約1年半で2.5センチほどの大きさまで成長した。放流後、3~4年で採捕が認められる殻長9.5センチ超に成長する見通し。

続きを読む

【関連ニュース】

アユ放流、震災後初 楢葉の木戸川漁協
【相馬市】ホシガレイの稚魚放流 県水産資源研の8万匹
水揚げ額1億4300万円減 相馬双葉漁協 昨年度試験操業
相馬市のニュース
新地町のニュース

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る