全医療圏に分析機器 福島県内PCR検査 10台配備、即日結果判明

【福島民報ニュース】

 新型コロナウイルス感染拡大の第二波に備え、県は県内6つの二次医療圏に短時間で分析可能なPCR検査機器を計10台配備した。検査機器を持つ分析機関がなかった県南、会津・南会津、相双では、これまで診断結果を得るまで2日かかるケースもあったが、全医療圏で即日判明できる体制になった。感染の疑いのある患者を迅速に検査し、二次感染を防ぐ。県が3日に開かれた六月定例県議会福祉公安委員会で示した。

 県が新たに導入した検査機器10台の二次医療圏ごとの配備数は【図】の通り。

 人口の多い県北と県中に各3台を振り分け、県南、会津・南会津、相双、いわきは各1台とした。いわき市には、県が1日当たり最大250人分の検査を委託している江東微生物研究所があるため、機器の振り分け数を1台にした。購入費は県の今年度一般会計の予備費を活用した。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る