「タングラム」楽しんで 南相馬市、丸三製紙と協力制作

【福島民報ニュース】

南相馬市は市内原町区の丸三製紙の協力を得て「南相馬タングラム」を作った。市外在住者が市の魅力を発信する「市サポーター事業」の登録者にノベルティーとして配布する。馬など南相馬ならではの形を作り、市への思いをはせてもらう。

(C)南相馬市

 タングラムは正方形を三角形と四角形に分けたパーツを組み合わせ、自由に形を作るのを楽しむパズル。紙は丸三製紙の段ボール源紙を使用している。

製作過程で通常なら廃棄される紙を活用して作った。同社の段ボールは薄くて丈夫なのが特長で、タングラムを通して地元企業のPRにもつなげる。

続きを読む

【「南相馬タングラム」について】

南相馬市サポーターノベルティ『南相馬タングラム』会員のみなさまの様子や解答などご紹介

【関連ニュース】

ホップ×日本酒製法 新しい酒造り小高で始まる

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る