今季シラス漁始まる 相馬双葉漁協が試験操業

【福島民報ニュース】

相馬双葉漁協の今季のシラス漁試験操業は2日、始まった。

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の発生後に取り組み始め8年目。松川浦(相馬市)、磯部(同)、釣師浜(新地町)、真野川(南相馬市鹿島区)、請戸(浪江町)の各漁港から計42隻が出港し、相双地区の沿岸域で24.6トンを水揚げした。

松川浦漁港に水揚げされるシラス=2日午前10時10分ごろ

 このうち松川浦漁港では帰港した船から、シラスが入ったかごが次々と荷さばき施設に運ばれ、入札された。生シラスや加工品は放射性物質検査を経て販売される。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る