思い出いっぱい夏祭り 田村の要田小教職員が企画

【福島民報ニュース】

 田村市の要田小は、夏休み前の最後の授業日となった7日、夏祭りを開催した。新型コロナウイルスの感染拡大で普段とは異なる生活を送っている児童を楽しませた。

魚釣りゲームを楽しむ児童

 同市は、小中学校の夏季休業中の授業日を県内で最も多い14日間、設定している。臨時休校や各種行事の延期・中止を乗り越え頑張った児童に思い出をつくってあげようと教職員が祭りを企画した。

続きを読む

【関連ニュース】

少し遅めの終業式 県内一部の小中高校 長期の臨時休校影響
福島県立高全校 夏休み短縮 3〜17日間を授業日に
夏休みに授業54市町村 新型コロナで公立小中学校

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る