ヨーカドー平店閉店へ 来年2月で調整

【福島民報ニュース】

いわき市平のJRいわき駅前にある総合スーパーのイトーヨーカドー平店が来年2月をめどに閉店する方向で調整していることが3日、関係者への取材で分かった。同店は半世紀にわたり、駅前周辺のにぎわいを創出してきた。閉店すれば、中心市街地の空洞化が進む懸念があり、市が取り組む駅前地域の振興策に影響を与えるのは必至だ。

来年2月をめどに閉店する方向のイトーヨーカドー平店

 関係者によると、店舗側は既にテナントを含む従業員に閉店方針を伝えている。他店との競争激化により経営上の苦戦が続いていることなどが背景にあるとみられる。

 運営しているイトーヨーカ堂(本社・東京都千代田区)は福島民報社の取材に対し、「平店についてはさまざまな可能性を検討している。現段階では詳細を答えられない」としている。

続きを読む

【関連ニュース】

JR東日本。いわき駅南口にホテルと商業施設を開発
いわき駅南口にホテル建設検討 JR東日本 駅前活性化へ
いわき駅西側再開発の計画を変更。高層ビル2棟から1棟へ
いわき市:空き店舗活用事業者に工事費最大150万円、家賃最大30万円を補助

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る