福島県内入院患者ゼロ 新型コロナ、初の感染確認から4カ月

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルスの感染が確認された福島県内61例目の福島市に住む60代警備員男性は8日、入院していた県内の医療機関から退院した。県内の入院者は県内で初めて感染が確認された3月7日以来、4カ月ぶりにゼロとなった。県が8日、発表した。

 県によると、県内でこれまで感染が確認された82人は医療機関に入院するか、県が借り上げた宿泊施設で療養した。感染確認から退院・退所までの平均日数は約23日で、最長は64日、最短は3日だった。

 県は厚生労働省の方針変更を踏まえ、退院基準を見直してきた。当初はPCR検査で2回連続で陰性になる必要があった。その後、症状が軽くなっているか、症状がなくなっていれば原則、発症から14日後に退院としていたが、現在は10日間としている。

【関連ニュース】

PCR検査対象拡大へ 新型コロナ対策で福島県
新型コロナウイルス 接触確認アプリ COCOAの配信を開始
全医療圏に分析機器 福島県内PCR検査 10台配備、即日結果判明
地域医療維持に懸念 福島県内病院の収益大幅減 財源確保が急務

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る