聖光決勝進出 鶴岡東(山形)にサヨナラ 東北高校野球

【福島民報ニュース】

東北地区高校野球大会第2日目は10日、宮城県の石巻市民球場などで行われ、硬式の福島県代表の聖光学院は初戦の準決勝で鶴岡東(山形)に2-1でサヨナラ勝ちし、12日の決勝に進んだ。

【鶴岡東―聖光学院】9回裏、聖光学院1死満塁、主将の内山選手(手前左から2人目)が中前にサヨナラ打を放ち、仲間の祝福を受ける

 聖光学院は同点の9回、1死満塁から主将の内山連希選手(3年)が中前にサヨナラ打を放った。舘池亮佑投手(3年)が1失点で完投した。

 聖光学院は12日午後2時から同球場で実施する決勝で、11日に準決勝を行うノースアジア大明桜(秋田)-仙台育英(宮城)の勝者と対戦する。

続きを読む

【関連ニュース】

8月15日に磐城VS国士舘 甲子園 春に逃した一戦迫る
聖光14年連続V 夏季高校野球

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る