浪江の特産品ずらり エスパル郡山 道の駅開所記念

【福島民報ニュース】

浪江町の「道の駅なみえ」の一部オープンを記念したイベント「浪江復興の歩み・地域産品特集」は12日、郡山市のエスパル郡山一階ふくしま復興支援ステージ「かぼちゃん」で始まった。30日まで。

浪江町の産品が並ぶイベント会場

 東京電力福島第一原発事故に伴い避難した事業所の活動や産品をアピールする狙い。同町の草花で染めたハンドタオルやマスク、同町の農業関係者でつくる浪江発馬葡萄(ぶどう)組合の「うまぶどう茶」などを販売している。

「大堀相馬焼再開全十壱窯元の陶器たち展」を同時開催している。

続きを読む

【関連ニュース】

道の駅なみえオープン 沿岸部での新設 震災後初
道の駅共通「クッキーパイ」開発 福島県内全駅で販売
道の駅なみえで内覧会 1日一部供用開始 町議ら料理試食
8月に一部供用開始 道の駅なみえ フードコートや直売所

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る