古里で9年ぶり営業再開 富岡町小浜の「旬香酒房かどや」

【福島民報ニュース】

富岡町小浜の「旬香酒房かどや」三代目の菊地義一さん(62)は15日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から9年4カ月ぶりに町内で営業を再開する。
避難先のいわき市で5年半営業した店を閉じ、古里に戻ることを決めた。
「祖父の代から世話になった町のため力を尽くしたい」と決意している。

営業を再開する店の前で古里への貢献を誓う義一さん(右)、みゆきさん

 「かどや」は義一さんの祖父秋次郎さんが昭和初期に富岡町内の中央通り沿いの交差点の角に開店したうどん店が始まり。父義朋さんの代に6号国道沿いに移転し、気軽に入れる食堂として町民に親しまれた。

 東京都内の日本料理店で十年余り修業した義一さんが引き継ぐと、寿司をメインに提供する居酒屋として人気を集めた。2009(平成21)年1月に店を拡張したが、わずか2年後に原発事故が起きた。約80年続いた店を離れて避難することを余儀なくされ、東京都やいわき市などを転々とした。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る