世界最大級貯蔵施設が完成 楢葉 サツマイモ大規模営農へ

【福島民報ニュース】

楢葉町のサツマイモ貯蔵施設と農業用機械倉庫の落成式は14日、現地で行われた。町によると世界最大級の貯蔵施設で、サツマイモの通年出荷の体制が整い、大規模な営農モデルの確立に期待が集まる。

貯蔵期間を延ばす処理をするキュアリング室を見学する関係者

総事業費は19億4,000万円。
貯蔵施設には、高温多湿下で貯蔵期間を延ばす処理を行う「キュアリング室」や最大1,260トンを保管できる貯蔵庫などを配置している。

町内では、菓子製造販売の白ハト食品工業(本社・大阪府守口市)のグループ会社「福島しろはとファーム」を中心にした、サツマイモの大規模生産が行われている。今年度の栽培面積は約42ヘクタールで、来年度は約50ヘクタールに拡大する予定。

続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る