全長100km、福島の大自然がレストラン 日産エクストレイル動画公開

 日産自動車はスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」でドライブをしながら日本の景色の美しさや食の豊かさを伝える取り組みを企画した。舞台に福島県が選ばれ、動画が九日公開された。

 動画のタイトルは「NISSAN X-TRAIL PRESENTS THE FULL COURSE」で、福島民報社が特別協力した。

 大自然一帯が一つのレストランという設定で県内の全長約百キロをドライブし、景色と料理を味わう様子を映し出した。猪苗代町の達沢不動滝、川内村のかわうちワイン、福島市の女沼、伊達市の霊山天狗の相撲場、田村市の行司ケ沢渓谷、猪苗代湖が舞台となっている。

 川俣シャモや天栄村のシイタケなどの県産食材を使用したメニューが登場する。東京都内で予約困難なレストラン「長谷川稔」を営む長谷川稔シェフが素材を選び、調理に携わる。

 同社と住友商事が出資した電気自動車(EV)関連企業「フォーアールエナジー」は二〇一八(平成三十)年、浪江町に再生バッテリー工場を開所し、地域産業の活性化や雇用創出に取り組んでいる。今回の企画を通し、さらに地域貢献しようと福島県を舞台に選んだ。

 動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」の日産自動車公式チャンネルで公開している。時間は一分五十一秒。URLはhttps://youtu.be/OidpxwV2jR0

関連記事

ページ上部へ戻る