宇宙から福島県復興発信 野口さん読み上げ ユーチューブ動画公開

 一般財団法人ワンアース(茨城県)は十一日、国際宇宙ステーションに滞在している野口聡一さんが被災地から寄せられたメッセージを読み上げる動画をユーチューブで公開した。宇宙から感謝の気持ちを伝えるとともに、復興へ歩む福島などの姿を全世界にアピールしている。 

 メッセージは被災地から寄せられた原稿を集約した内容。野口さんは震災後に世界各地から寄せられた支援に感謝し、「これからは私たちが世界に恩返しをする番です。新たな決意をかみしめて、宇宙から感謝の言葉を送ります。世界のみなさん、ありがとうございます」と朗読した。 

 ステーション内には川俣町特産の川俣シルクで作られた約七メートルの横断幕が掲げられた。町内の福田小の児童が制作に関わり、福島、宮城、岩手三県の被災市町村の復興への思いなどがプリントされている。 

 動画は約十三分間で、被災地のこれまでの歩みなども写真で紹介している。福島民報社が協力した。事業の実行委員長で宇宙飛行士の山崎直子さんのメッセージも収めている。 

 ワンアースは五月には被災地の植物の種や日本酒などを宇宙に打ち上げ、地球に帰還させる。 

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る