除染土最終処分理解醸成へ 県内学生と意見交換 環境相

 小泉進次郎環境相は二十四日、県内の学生ら十一人と、「福島の復興十年」をテーマにオンラインで議論した。東京電力福島第一原発事故に伴う除染で出た土壌などの県外最終処分への理解醸成に向けた取り組みなどについて意見を交わした。 

 小泉氏は県外最終処分の認知度について県内で約五割、県外で約二割と説明した。参加者からは「福島の魅力を発信し、まずは興味を持ってもらうことが重要だ」「人ごとではなく、自分ごととして考える必要がある」などの意見が出た。 

 小泉氏は学生らの意見を踏まえ、「対話集会などを通じて効果的に情報発信していく」とした。席上、吉田淳大熊町長がメッセージを寄せた。 

 意見交換は環境省の「小泉環境大臣×Z世代シーズン政策議論」の三回目として実施された。

関連記事

ページ上部へ戻る