アクリル板設置、宿泊施設の感染対策支援 福島県、補正予算に37億円

 福島県は県内の宿泊事業者の支援策として、新型コロナウイルスの感染拡大防止に必要な物品の購入費や施設改修費の補助制度を設けた。内堀雅雄知事が二十四日に発表した二〇二一(令和三)年度一般会計補正予算に関連経費三十七億三千四百万円を盛り込んだ。準備が整い次第、申請の受け付けを始める。

 事業名は「県宿泊事業者感染防止対策等緊急支援事業」。物品はサーモグラフィーや飛沫(ひまつ)防止のアクリル板、空気清浄機などが対象。国の補助と合わせ、購入やリース費用の五分の四を補助する。上限は八百万円。

 施設改修費はワーケーションスペースの設置、非接触型のチェックインシステムや水道導入、Wi-Fi(ワイファイ)を使える環境整備など。国費補助を含め、導入費用の四分の三を補助する。上限は七百五十万円。

 いずれも、昨年五月十四日以降に導入した物品や施設か、今後導入する物品などが対象。補助は、物品購入費と施設改修費を合わせて八百万円まで。

 問い合わせは県観光交流課へ。

関連記事

ページ上部へ戻る