福島県内新たに1人死亡22人感染 新型コロナウイルス

 県は新型コロナウイルス感染により県内の医療機関に入院していた八十代男性の死亡と、二十二人の新型コロナ感染が確認されたと一日、発表した。県内の死者は累計百十四人、感染者は累計二千五百二十一人となった。 

 八十代男性は三月三十日に死亡した。感染者二十二人は同三十一日に陽性が判明した。感染者のうち十二人は感染経路不明となっている。県が確保している病床四百六十九床に対する使用率は46・9%(前日比0・2ポイント減)となった。 

 県発表の二十二人の内訳は次の通り。

 ◆1日発表(3月31日判明分)▼郡山市・5人=10代女子学生、20代男子学生、40代パート従業員女性、50代会社員男性、80代無職男性▼いわき市・4人=20代男子学生、20代女子学生、40代会社員男性、40代女性▼喜多方市・3人=20代男子学生、50代会社員男性、80代無職男性▼相馬市・3人=20代会社員男性、30代会社員男性、30代無職女性▼福島市・2人=10代女子学生、30代会社員男性▼会津若松市・1人=70代無職女性▼須賀川市・1人=20代女性▼二本松市・1人=10歳未満男性▼本宮市・1人=30代会社員男性▼富岡町・1人=20代会社員男性

関連記事

ページ上部へ戻る