福島県内で52人の感染確認 新型コロナウイルス 7月26日の福島県の発表分

 福島県は福島県内で52人の新型コロナウイルス感染が確認されたと26日、発表した。52人の陽性は25日までに判明した。新規感染者が50人以上となるのは5月14日以来72日ぶり。県内の感染者は累計5378人となった。

 52人には、クラスター(感染者集団)が発生した福島市内の接待を伴う飲食店の利用客2人が含まれており、同飲食店のクラスターは13人に拡大した。52人のうち感染経路不明は18人だった。

 25日現在の入院者は175人で、県が確保している病床496床に対する使用率は35・3%(前日比3・0ポイント増)となった。175人のうち7人が重症となっている。

 内堀雅雄知事は26日の定例記者会見で、県内外で人の移動が活発化する夏休み期間中の感染拡大を防ぐため、「帰省や旅行を原則中止、延期してほしい」と県民に慎重な行動を呼び掛けた。

 県発表の52人の内訳は次の通り。

K ▼郡山市・26人▼福島市・9人▼いわき市・9人▼会津若松市・1人▼白河市・1人▼須賀川市・1人▼二本松市・1人▼猪苗代町・1人▼古殿町・1人▼県外・2人

関連記事

ページ上部へ戻る