ホップの収穫最盛期 ビールの苦みや香りの基に 福島県田村市大越町

 ビールの苦みや香りの基となるホップの収穫が、福島県田村市大越町で最盛期を迎えている。

 「ホップジャパン わせがわホップファーム」の畑では10日、近所の主婦ら6人が松かさに似た若葉色の「毬花(まりばな)」を手作業で、一つ一つ丁寧に摘んだ。今年は6、7月の生育時の降水量が多く、大きさがやや小ぶりだという。

 作業は、お盆過ぎまで続く。収穫したホップは、同市都路町のホップジャパンがクラフトビールの醸造に使う。

関連記事

ページ上部へ戻る