福島・いわき市長選が告示 現新4人が立候補 9月5日に投開票

 任期満了に伴う福島県いわき市長選は29日告示され、3選を目指す現職清水敏男氏(58)=無所属=、元衆院議員の新人宇佐美登氏(54)=無所属=、元文部科学省教育改革推進室長の新人内田広之氏(49)=無所属=、元常磐共同ガス社長の新人猪狩謙二氏(59)=無所属=の4人が立候補した。4人による選挙戦は1966(昭和41)年と2013(平成25)年に並び過去最多。

 清水候補は同市鹿島町の鹿島ショッピングセンター・エブリア駐車場で第一声を上げた。常磐、平、四倉などを遊説した。

 内田候補は同市平字作町の選挙事務所で第一声のマイクを握った。平から四倉、勿来などで支持を呼び掛けた。

 猪狩候補は同市常磐湯本町のJR湯本駅前で第一声を放った。常磐をはじめ、平、中央台などで選挙カーを走らせた。

 宇佐美候補は同市小名浜のアクアマリンパーク周辺駐車場で舌戦に入った。勿来、遠野、常磐などで支持を訴えた。

 自民党いわき総支部、立憲民主党県第5区総支部、公明党、社民党いわき双葉総支部、共産党いわき・双葉地区委員会がそれぞれ自主投票としている。

 2017(平成29)年の前回市長選の投票率は49・13%で、2013年の前々回の51・13%から2・0ポイント低下した。いわき市に新型コロナ対策のまん延防止等重点措置が発令される中での選挙戦で、投票率や各陣営の戦い方に注目が集まる。

 投票は9月5日午前7時から市内138カ所で行われ、各投票所で投票時間を繰り上げる。2時間繰り上げ(午前7時から午後6時まで)は40カ所、1時間繰り上げ(午前7時から午後7時まで)は98カ所。午後8時から市総合体育館で開票する。

 28日現在の有権者数は26万9278人(男13万1679人、女13万7599人)。

関連記事

ページ上部へ戻る