POLICEメール登録3万件を達成 福島県警 目標5万件へ引き続き周知

 福島県警が今年度、運用を開始した犯罪・防犯情報のメール配信システム「POLICEメールふくしま」は登録3万件を達成した。県警本部が30日、発表した。県警は5万件の登録を目標に、引き続き周知に力を入れるとしている。

 メールサービスは多発している成り済まし詐欺や交通事故情報に加え、犯人逃走事案などの犯罪発生情報や、声掛け事案などの不審者情報をいち早く配信している。被害に遭わないための注意点や、流行の手口、防災情報なども確認できる。

 県内ではPOLICEメールの登録者が成り済まし詐欺被害を防ぐ事例も出てきている。県警生活安全企画課の安沢実次席は「県民の安心安全のため、有意義な情報を発信していく。家族や友人、同僚に登録を勧めてほしい」と語った。

 メールは県警のホームページなどから登録できる。

関連記事

ページ上部へ戻る