スマート農業の普及を検討 南相馬 ドローンやロボット活用

【福島民報ニュース】

農業分野に小型無人機(ドローン)やロボットなどの最新技術を取り入れる「スマート農業」の普及に向けた検討会が20日、南相馬市小高区の飯崎生産組合の農地で開かれ、地元農家ら約70人が参加した。

担当者から草刈りロボットの説明を受ける参加者

 主催した県の担当者らが衛星利用測位システム(GPS)の運転支援機能を搭載したトラクター、自動運転の草刈りロボットの特長などを説明した。ドローンによる農作物の生育状況の確認、追肥作業も紹介した。
続きを読む

【関連ニュース】

【南相馬市・浪江町】ロボットテストフィールドの見学会の受付を開始

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る