2日に開通、眺望満喫 相馬福島道路伊達桑折IC-桑折JCT

【福島民報ニュース】

8月2日に開通する東北中央自動車道「相馬福島道路」の伊達桑折インターチェンジ(IC)-桑折ジャンクション(JCT)間2キロの現場見学会は23日、伊達市と桑折町の同区間で開かれた。参加者はJR東北新幹線をまたぐ高さ約30メートルの「桑折高架橋」からの眺望を楽しみながら、真新しい道路を歩いた。

桑折高架橋からの眺望を楽しみながら歩く参加者。右奥は霊山の山並み=23日午前

■桑折町民ら現場見学

 桑折町民約1,300人が、同区間を徒歩で往復した。新型コロナウイルスの感染予防対策のため午前と午後に分かれ、手指の消毒やマスク着用を徹底した。

 午前の部に参加した自営業紺野政代さん(72)は「二度とできない貴重な経験だった。車で通るのがより楽しみになった」と話した。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る