広野にがん治療薬研究拠点 年度内に整備へ

【福島民報ニュース】

放射線管理や東京電力福島第一原発事故に伴う環境影響などに関する研究に取り組む東京大アイソトープ総合センターは今年度内にも、広野町にがん治療用の放射性医薬品開発に向けた研究拠点を設ける。新型コロナウイルスをはじめとする感染症の診断薬の開発も目指す。町は既存の公共施設を提供するなどし、最先端の研究活動を支援する。町とセンターは25日、連携協力に関する協定を結んだ。

 センターが県内に拠点を設けるのは、廃炉技術研究や教育支援に重点を置く楢葉町のサテライトに続き2例目。放射性物質を組み込み体内でがん細胞を破壊する医薬品の研究・開発に取り組む。マウス実験などを通じ効果を確認する。効能を予測するシミュレーション研究なども行う。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る