飲酒運転根絶へ 酒瓶ラベル製作、配布 相馬署

【福島民報ニュース】

相馬署は29日、飲酒運転根絶と重大事故に直結する危険性を分かりやすく啓発するため、日本酒を模した独自の酒瓶用ラベルを製作した。

 ラベルは「御法度」と「大後悔」の二種類作った。ドライバーが“御法度”である飲酒運転をして摘発されたり事故を起こせば、平穏な生活を失って“大後悔”する-との意味を込めた。ラベルは主に相馬市中心部の飲食店や居酒屋に配布し、空き瓶などに貼り付けて利用客の目に触れるようにしてもらう。(続きを読む

飲酒運転根絶を訴える酒瓶用ラベルを紹介する志村課長(C)福島民報

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る