体深部腫瘍に対応「多門照射式がん治療装置」 臨床試験機開発

【福島民報ニュース】

高性能半導体を用いた機器の製造・開発を手掛ける楢葉町の福島SiC応用技研(古久保雄二社長)は、体深部の腫瘍に対応可能な「多門照射式放射線がん治療装置」の臨床試験機器を開発した。京都府立医大で来年、治験を始める予定。浜通りで生まれた新たな医療機器が、未来の医学の力となる。

多門照射式放射線がん治療装置の臨床試験機器

同社の開発した機器は、ホウ素薬剤を患者のがん細胞に取り込み、中性子を照射してがん細胞のみを破壊する。

高性能半導体を用いた機器製造に取り組む「福島SiC」の社屋

機器には、従来の半導体(Si)に比べ高い電圧に耐え、電流を多く流すことのできるシリコンカーバイド半導体(SiC)が使われている。このため、装置の小型化が可能となり、広いスペースを必要としないため患者の六方面から体内に向けて中性子線を照射するのが可能となった。

多方向からの照射により、体の表面から二十五センチの深さまで治療できるという。従来の製品より安価に導入できる。

続きを読む

【関連ニュース】

広野にがん治療薬研究拠点 年度内に整備へ

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る