9年ぶりに農業再開 南相馬・小高の「トムさん農園」

【福島民報ニュース】

南相馬市で農産物の生産や販売に取り組む「小高ファーム・トム・アグリテック」会長の富田秀雄さん(69)と長男で同社社長の雄介さん(44)は、原発事故から約9年ぶりに農業を再開した。同市小高区北鳩原に「トムさん農園」を設け、コメ作りや、野菜のハウス栽培に取り組んでいる。8月30日に即売会を開く予定で、8月4日に関係者向けの開園式を行う。

古里の農業再生を目指す富田秀雄さん

 農園ではコメ、麦、ナスやピーマンなどを栽培し、土も販売している。野菜は、プランターの下層部から空気と水を送り込み土と苗の鮮度を保つエアープランター方式と呼ばれる栽培法で育てている。土は複数の肥料を混ぜ込んだ独自の培土を使用する。

続きを読む

【関連ニュース】

東日本大震災から2021年で10年。浜通りは10年で人が戻り、産業が戻っただけでなく、新たな挑戦を始めています。
「再開」というキーワードでニュースをまとめてみました。

浪江の鈴木酒造店 10年ぶり古里へ 道の駅で再開
古里で9年ぶり営業再開 富岡町小浜の「旬香酒房かどや」
「道の駅ならは」全面再開 物産館開業震災以来、9年3カ月ぶり
2つの道の駅が再開
大熊の下野上地区 コメ試験栽培開始 営農再開向けで初
困難乗り越え再出発 道の駅なみえ 料理長の笹沼さん
飯舘の高齢者に安心を 自宅療養支援8月3日開始
葛尾村の特集配信 村民ら復興への熱意語る
避難12市町村で広域農業 農水省、初の構想策定

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る