キャンプもよし!サイクリングもよし!絶景温泉もよし!一日遊べる『天神岬スポーツ公園』

JR 常磐線竜田駅から車で5分ほどの場所にある、『天神岬スポーツ公園』

目の前にある太平洋の絶景を望みながら、広々とした敷地内で様々なアクティビティを楽しむことができる。

(※こちらの画像は天神岬スポーツ公園ウェブサイトから引用させていただきました。)

広大な敷地内には、「展望台」「ドッグラン」「BBQ場」「キャンプ場」「サイクリングターミナル」「天然岬温泉しおかぜ荘」など充実の施設が揃っている。

初日の出、絶景人気スポット?!

天神岬公園に着いたらまず最初に行ってほしい場所が、「展望台」である。

ここからは、太平洋が一望できるのはもちろんのこと、広野火力発電所など近隣の海岸線沿いの建物もよく見える。筆者は夕暮れどきに行ったので、夕焼けの空がとても綺麗だった。

ちなみに、元旦にここから見る初日の出が特に人気で、毎年人がたくさん集まって日の出を拝んでいるそうだ。

海風を感じながらのキャンプ

天神岬スポーツ公園には、20個のバーベキューサイトと20区画のオートキャンプ場、そして42区画ものフリーキャンプ場がある。オートキャンプ場は1区画ごとに炊事場、AC電源が備えつけられ広々としている。フリーキャンプ場は松林の林間サイト。どちらのキャンプ場も海風を感じながら、キャンパーそれぞれが思い思いの時間を過ごせる空間になっている。

お子様連れも愛犬連れも楽しめる!

芝生公園より海側に広がるアドベンチャー広場では、お子様と一緒に様々な遊具遊びを満喫できる。

カップルや夫婦で訪れて、芝生の上でバドミントンやフリスビー、ピクニックなどをしても楽しい。

また、愛犬連れの方にも嬉しい広々ドッグランが併設されている。

小型犬用と中・大型犬用に分かれていて、安心して利用できるところもポイントの一つだ。

食事・宿泊もできる「サイクリングターミナル」

オートキャンプ場の近くに位置するサイクリングターミナル内には、「展望の宿 天神」「レストラン岬」などがある。

「展望の宿 天神」は、なんと全部屋太平洋側向きで、海を一望しながら滞在を楽しめる。和室が7室、広々16帖の和室が1室、洋室が11室ある。

「レストラン岬」はサイクリングターミナルの2階にある。こちらも店内の大きな窓から太平洋を見渡しながら食事が楽しめるようになっている。テーブル席が17席で最大70名が利用できる。オススメメニューは海鮮丼やマミー刺身定食・すいとん定食など、新鮮な地元野菜を使ったもの。宿泊者だけでなく、日帰りの方がランチで利用するのにもオススメのレストランである。

天神岬に来たらここはハズせない!絶景温泉

太平洋の絶景を眺めながら、温泉につかってほっと一息。体の芯から温まり日頃の疲れを癒す。

そんな素敵な体験ができるのが、「天然岬温泉 しおかぜ荘」

ここは先ほどご紹介した、「サイクリングターミナル」と隣接している温泉施設。

絶景を眺められる露天風呂が1番のオススメであるのはもちろんのこと、黄褐色のスベスベとした塩化物泉、源泉100%で皮膚病や神経症にも効果があるという、温泉好きにはたまらない泉質となっている。

こちらのスタッフの方にお話を伺うと、季節に合わせて期間限定のお風呂も開催しているとのこと。

12月の冬至にはゆずをたっぷり浮かべた「ゆず湯」を実施されたそう。運が良ければ期間限定のお風呂にも入れるかもしれない。

また、スタッフの方がおっしゃるには、地元の方には常連の方も多いのだが、意外にも県内の他地域の方にはまだあまり知られていないそうだ。これからもっと福島県内でも認知度が上がって、さらにたくさんの方に当施設を訪れて頂けたら嬉しいとのことだった。

実際同じ浜通り出身の私でさえ、訪れたことがなかった。今回初めて訪れて、こんなに素敵な施設に今まで一度も来たことがなかったことをとても後悔した。

今度は家族でキャンプをしたり、日帰り温泉で訪れたいと思う。

楢葉町復興のあゆみ

天神岬スポーツ公園がある楢葉町は、2011年3月11日の東日本大震災では震度6強に襲われた。

地震だけでなく、津波さらには原発事故と複合災害にも見舞われ、町民が全国各地へ避難した。

震災から1年数ヶ月経った2012年8月には、警戒区域から避難指示準備区域に再編され、ここで震災以降初めて町への日中の立ち入りが許可された。

町内の住宅圏の除染が完了したのが2013年度末。そして翌年2014年6月にはJR常磐線の広野駅〜竜田駅間の運転がようやく再開された。

筆者の友人にも何人か楢葉町出身の人たちがいる。震災当時は、その友人たちから原発で働いていた知り合いや家族の話を聞く機会も何度かあった。その度に居た堪れない気持ちに何度もなったのを、はっきりと覚えている。あの頃の自分にはただ話を聞いて、辛い思いをしている方々に思いを馳せることしかできなかった。ただ、10年経った今こうして楢葉町を旅しながら魅力を発見し、拙い文章ではあるが発信できていることで少しだけあの時の自分が救われたように勝手ながら感じている。

「天神岬スポーツ公園」アクセス

車:

福島市から約120km 約2時間20分

郡山市から約90km 約1時間50分

いわき市から約30km 約1時間

※高速道路を利用の場合は常磐自動車広野インターで下り、国道6号線を仙台・相馬方面へ約15分

または、常磐自動車常磐富岡インターで下り、県道35号線をいわき方面へ約22分

電車:

東京から特急で常磐線竜田駅まで約3時間

仙台から常磐線竜田駅まで約3時間

いわきから常磐線竜田駅約30分

※竜田駅から施設までは徒歩約20分かタクシーで約5分ほど

Google マップ

https://goo.gl/maps/LEkjKmn9Ujvm5hSE6

施設HP

http://naraha-tenjin.net/

鈴木 真里トラベルライター

投稿者プロフィール

福島県いわき市出身。現在までに、国内では東北・北陸・関東・関西に、国外ではシンガポール、ミャンマーでの在住経験がある。 その経験を生かし、様々な視点からその土地の魅力を発信するよう努めている。 動画の企画・撮影・編集を自ら行い、YouTubeへの動画投稿も行っている。

関連記事

ページ上部へ戻る