新たな挑戦!田中久美子さん

この笑顔は、どこから来るの?この未知なる道に突き進んで行く勇気は、どこから湧いてくるの?・・・そんな明るく素晴らしい笑顔の持ち主が、また一人、飯館村に飛び込んできました。

 その名は「田中久美子さん」・・・令和2年4月27日に「椏久里珈琲店」を改修して「村カフェ753(なごみ)」を開店させました。

 東京生まれ。福島大学看護学部大学院で学び、その後、訪問看護師として相馬市にある「訪問看護ステーションなごみ」に所属し、障がい者の方々の家を訪問していましたが、昨年3月の定年を機に新たな第二の人生を歩み始めました。

 障がいを持った方々と接する事により彼らの優しさや純粋さに惹かれ共に一緒に働きたい!という思いが大きくなったからです。そんな場所は、どこにあるだろう?と定年前に考えていた時に以前、大学院にいた時に友人に連れられてきた、モダンで珈琲の美味しいお店「椏久里珈琲店」を思い出しました、この「椏久里珈琲店」も東日本大震災により飯館村で営業できなくなり現在は、福島市に移って営業をしています。

以前、この場所は南相馬市から福島市に向かう途中、あるいは福島市から南相馬市に走る途中にあり「ほっ」と立ち寄り珈琲を飲む場所としては最高の場所でした。

 田中さんは、訪問看護師としてもこの飯館村にも通っていました。その時の飯館村の自然の素晴らしさや温もりある人々の姿が忘れられませんでした。意を決した田中さんは、ご自分の保険も解約してこの「椏久里珈琲店」を改修し「村カフェ753(なごみ)」を開いたのです。

当初は、村の方々がくつろげるカフェとしてオープンする予定でしたが、コロナウイルス禍による緊急事態宣言の発令により人々の集うカフェとしてのオープンは見送り、個々の方々が飯舘村の自然を見ながら美味しい珈琲を飲み、ベーグルを口にして頂きたいと願って日々、ひとつひとつ手作りしているベーグルを用意して皆さんをお待ちしているのです。

田中さんが借りる以前から「椏久里珈琲店」の場所で御商売をしたい方々から色々なお話は「椏久里珈琲店」の店主の所には来ていたようですが、その中で田中さんにお店を貸そう!と思ったのは、その純粋さと熱意だったそうです。

田中さんの純粋さと熱意は、「椏久里珈琲店」のオーナー市澤さんの心を動かしたと同時に周囲の仲間たちをも動かしました。ある友人は、ロゴの入った素敵な暖簾を作って下さいました。また、別の知人は、味わいある木に「ありがとう感謝」の文字を彫った壁掛けをプレゼント…そして、或る友人は、自分の仕事をしながら、手作りのコースター等をコツコツ作って田中さんの元に届けて下さいました。その時の喜びは、田中さんの次に進む活力になりました。

田中さんがお客さまに提供しているのは、椏久里珈琲と美味しいベーグルです。ベーグルは原材料に油脂や乳製品を使わない、とてもヘルシーなパンです。753(なごみ)のベーグルは国産小麦と天然酵母を使った、もっちり感と香りの高さが特長です。753(なごみ)は、この地域には、なかなか見当たらないベーグルパンのお店なのです。

飯舘村の苺やブルーベリーや雪っ娘かぼちゃ等も季節によっては、使われています。

1月のメニューは…

  • 宇治抹茶ミルク(ミルク入り抹茶とミルクチョコレート)220円(税込)

  • いいたて雪っ娘ベーグル(雪っ娘かぼちゃと栗チーズでどうぞ)210円(税込)

  • ブルーベリー&クリームチーズ(クリームチーズとの相性抜群)210円(税込)

  • ペッパーチーズふわふわチーズのせが復活)180円(税込)

  • 紅茶オレンジ(爽やかな酸味のオレンジ入り)180円(税込)

  • トマトチーズ(トマトチーズ復活)180円(税込)

  • キャラメル・ラテ(ちょっと甘いキャラメルチョコ入り)180円(税込)

  • チョコチップ(ビターなチョコ入り)180円(税込)

  • トマト激盛りピザコッペ(福島産のトマトがいっぱい)180円(税込)

  • ベーグルドッグ(ベーグル生地のホットドッグ)180円(税込)…です。

飯館村内や南相馬市(金曜日)にも配達しております。

営業日・時間は、月曜日~金曜日(土・日は、定休日です)の午前10時~午後4時迄です。

 田中さんは、飯舘村に住まいも移り雪の日も一人黙々と雪かきしてから、毎朝心をこめてベーグルを作り続けています。

友人&知人ばかりでなく飯舘村の村民の皆さんも応援団です。村役場にも配達して完売です。

そして、村民の皆さんがベーグルを買っては、色々な方に宣伝してお渡ししています。

 田中さんは、言います・・・『温かな村に来て良かった。チラシも出さず大丈夫か?と役場の方々からも言われました。しかし【根なし草に花は咲かない】という言葉が私を支えてくれています。根っこの運動で今があると思っており、これからも頑張りたいと思っています。』・・・いつか障がいを持った方々とこの村カフェ753(なごみ)で一緒に手を取り合って働いている田中さんを夢見て

応援したいと思います。

住所:福島県相馬郡飯舘村深谷字市沢193-1

TEL&FAX:0244-26-7536

村田純子地元記者

投稿者プロフィール

NPO法人ほっと悠」理事長。南相馬市出身。 学生結婚で、札幌~大阪~仙台と転勤していましたが、平成12年 父の他界を機に、母を看る為に南相馬市市へ戻ってきました。 日本の旅&世界の旅もやり終え、今は「学び」の旅へ~ ジャズダンス&水泳で体を動かし、朝2時からデスクワークの日々~  皆さんに、この浜通りの素晴らしい人物&素敵な名所をご紹介していきたいと思っております。

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る