学校解体の記録(2020年 富岡町)―1

解体中の富岡第二小学校(2020年) 撮影:秋元菜々美

 富岡第二小学校。7歳から6年間通った私の学校。

 富岡町では現在使われている富岡小中学校(旧富岡第一中学校)の校舎を除く学校(保育所・幼稚園含む)の解体が決まった。多くの人がさようならを言えないまま除染のために解体されてしまう場所に、2020年9月29日、許可を取り立ち入りしてきた。環境省の職員が案内する中、敷地に立ち入る。南校舎は大部分の解体を終え、すでに北校舎の解体が始まっていた。ショベルカーが4台、校舎に噛みついてはコンクリートの壁を引き剥がす。バラバラと落ちる破片と舞う粉塵。破片の隙間から何か文字が書かれた看板が見える。

 私がこの町で過ごした痕跡が、建物と共に解体され失われていく様子を、幾度となく目の当たりにしてきた。3年前、除染のために自宅の解体をした。私にとって富岡との一つの繋がりを失ってしまったようだった。その後、小中学校へ足を運ぶ機会が増えたのは、薄れてしまった故郷との繋がりを強く感じられる場所だったからだと思う。

 間も無く震災から10年が経過する。あの時「また明日」と言って別れた友達は、今はどこで、なにをしているのだろうか。

2 

 2011年3月12日までの13年間、私は富岡町で生活をしてきた。当時の私は富岡第二中学校の一年生だった。11日は中学校の卒業式。午前中に卒業生を見送って、午後からはいつも遊ぶ友達4人と公園へ遊びに行き、近くのコンビニで雑誌を立ち読みしていた時に東日本大震災は起きた。目の前の窓ガラスが割れ、背後の棚からバラバラと商品が落ちる様子をただ呆然と見ることしかできなかった。外に出ると、駐車場には周辺店舗から出てきた人たちが座り込んでいる。4人の友達は先に外にいて、泣いている一人をどうにか慰め励ましていた。津波警報が鳴り響き、雪が降り始めた。予想される津波の高さがだんだん上がっていく。どこへ避難して良いか分からず、私たちはとりあえず中学校に向かった。

 地面が割れ、家の瓦が路上に散乱している中、無事に辿り着けるのか不安で何度も足が止まりそうになったのを覚えている。学校の体育館には部活動をしていた友達や周辺の住民たちが集まっていた。日が暮れ始め、家族が迎えに来ては一人、また一人と避難所を出て行く友達を「また明日ね。」と見送った。体育館の中が真っ暗になった頃、ようやく母と兄が迎えに来てくれた。避難所を何件も回り、私を探したらしい。家族が先に集まっていた避難所で、1枚の毛布を家族4人で分け合いながら「明日は家の片付けをしないとね。」と話していた。

 あの時、私たちは「また明日」が何年も先になるなんて考えてもいなかった。今でも近くに暮らしている子や、遠くに避難をしてあの時以来会っていない子もたくさんいる。私たちは、あれからそれぞれの10年を過ごし、すっかり連絡をとることもなくなってしまった。

避難場所となっていた富岡第二中学校の体育館(2014年) 撮影:秋元菜々美

 私の地元、福島県富岡町は東日本大震災による原発事故により全町避難を余儀なくされた。その後、2017年4月1日に帰還困難区域の一部を除く区域が解除され、もう4年が経過しようとしている。震災から10年、今も町の風景は大きく変化し続けている。

 最大21メートルの津波が襲った漁港や海沿いの住宅や駅舎、駅前商店街は津波で流されたが、解除の目処が立った頃から次々と解体が進み、今は新しく建てられた駅舎と漁港が再開している。巨大な堤防と、浜街道、そして浜街道と国道6号線を結ぶ汐橋(うしおばし)が建設中だ。中央商店街だった場所はかつての賑わいが思い出せないほど解体が進み、空き地が広がっている。沿岸の津波浸水区域や国道6号線沿いの農地が仮置場として使われ、家屋の解体や除染等で出た放射性廃棄物の入った黒いフレコンバックが山積みになっている風景が見られたが、今はほとんどが大熊町と双葉町に作られた中間貯蔵施設に送られている。

 上手岡地区に入ると太陽光パネルがずらりと並んだ光景が広がる。避難先への定住化が進んだことにより、富岡での営農再開が困難になった田んぼや畑などの土地を貸し売りしているからだ。

 解除後、病院やスーパー、情報発信拠点、居酒屋、美容室などの営業が始まり、少しずつ生活環境も豊かになっていった。

 2020年3月14日の常磐線が全線開通した。夜ノ森駅は橋上駅に生まれ変わり、この地に関わる多くの人が桜をイメージしたピンク色の傘を手に開通を祝った。

 国道6号線を北上すると、全国チェーンの店舗たちが震災当時のままの状態で建ち並び、通過するたびに震災前の町の賑わいや、地震の大きさ、避難指示からの時の流れを感じずにはいられなかったが、それも2020年に入ってから大きく解体が進んだ。私の自宅があった夜の森地区や海側の小良ヶ浜地区は現在も帰還困難区域だが、夜の森の一部区域が2020年3月10日に先行解除があり、敷地には新たに柵が設置され、道路のみ通行が可能となった。先行解除の少し前から帰還困難区域では解体が順調に進められ、震災前の暮らしの痕跡がどんどん見えなくなって行く。

 町が変わり続ける姿を見るたびに、あの時のままでいて欲しかったと願う気持ちと復興が前に進むことの喜びに引き裂かれる。チェルノブイリの原発事故では、35年経った今も誰も住むことができない街を生んだ。それは放射性物質から離れることで人体への影響を抑えるためだ。しかし、福島の原発事故では除染をし、避難指示の解除が進められている。放出された放射線量を軽減するためには、汚染された家屋や土壌などを除去する必要があり、残さないことが何より優先される。除染が進めば解除できる区域が広がり、そこに人が住めるようになる。だとすれば、原発事故における伝承や遺構をどのような形で遺すことが可能なのだろうか。災害によってもたらされた痕跡やそれに伴う残存物としての遺構(震災遺構)を介することで、見た人が個々に多様な経験に意味を想起するのではないだろうか。原発被災によって、突然住んでいた土地を追われた人々の中にも、未だに経験を言葉に出来なかったり、直視出来なかったりする方は多くいる。今後あらゆるものが失われていき、そういった人たちが町へ再び帰ってきたとき、大きな喪失を感じるのではないか。震災後、全町避難によって新たな人生を歩む必要に迫られた。続くと思っていた当たり前の日々や、あったはずの未来が行き場をなくし町を彷徨っていた。私は町に帰ってくるたびに自分がこれまで歩んできた時間に思いを馳せ、震災で断絶された時間を受け入れてきた。それは弔いのような慰霊の時間であったように思う。墓は慰霊の場であると同時に、自らの生を見つめる場のようにも感じられる。あるはずだった未来を亡くした人々にとっての墓のような祈りの場として(しかし、それは必ずしも死者の眠る場所を意味しない)、自分やその地の人々の記憶を辿るための回路のような空間として、遺構を考えることは出来ないか。

学校解体の記録(2020年 富岡町)―2 へ続く

秋元菜々美地元記者

投稿者プロフィール

富岡町生まれ。
中学1年生で被災、いわき市の総合高校に入学し、演劇部に入部。
演劇部顧問の恩師の教えで自分自身と見つめ合う時間を持つようになった。 自分が生まれ育った町とも向き合いたいと考え様々な地域活動に参画。
現在は富岡町役場職員として活躍している。

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る