道の駅なみえオープン 沿岸部での新設 震災後初

【福島民報ニュース】

浪江町の道の駅なみえは8月1日オープンし、施設の一部を除いて供用が始まった。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、福島県沿岸部で道の駅が新設されるのは初めて。復興に向かう町の現状や魅力を発信するとともに、町内外から訪れる人の交流拠点となる。

多くの来場者でにぎわう道の駅なみえ。入り口には町特産のトルコギキョウの切り花が並ぶ

 県内34番目となる道の駅で国と県、町が整備した。町役場北側の6号国道と114号国道が交わる場所にある。一般社団法人まちづくりなみえ(佐藤良樹代表理事)が管理運営する。

続きを読む

【道の駅なみえのオープンと共に新たな挑戦を行う人々】

浪江の鈴木酒造店 10年ぶり古里へ 道の駅で再開
困難乗り越え再出発 道の駅なみえ 料理長の笹沼さん

【関連ニュース】

道の駅共通「クッキーパイ」開発 福島県内全駅で販売
道の駅なみえで内覧会 1日一部供用開始 町議ら料理試食
8月に一部供用開始 道の駅なみえ フードコートや直売所

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る